彩雅について

彩雅とは

はじめまして 彩雅(さいが)です。
この度は着物リメイクファッション通販の彩雅へご来店くださり ありがとうございます。

私は彩雅代表の末代雅子と申します。
彩雅では着物反物を使った(リメイクした)洋服を製作・販売しております。

“彩の国”の出身で 名前の“雅”をつけて 屋号を 『彩雅』 としました。
彩雅の彩は美しい彩り・姿・様子を表し 雅は上品でみやびやかなこと 風流なことを意味します。

日本の伝統文化である着物
彩り雅な生地たちとの出会いは一期一会
着物をリメイクして現代風に着やすくアレンジすることで 着物たちに新しい命を吹き込みます。

彩雅では 下記のような着物地を使っています。

1.新品の反物

2.一度も袖を通さなかった新古品着物をほどいた着物地

3.1~2回お召しになっただけの新品同様着物をほどいた着物地

4.状態の良いリサイクル着物をほどいた着物地

同じデザインの場合、1番の着物地を使った服が1番高くなります。



着物リメイク

彩雅になるまで

私は 以前訪れた京都で友禅や金襴の端切れに魅せられて 和雑貨を作り始めました。
その後 洋裁教室へ通い少しずつ製作のバリエーションを増やしていた頃
友人が亡くなったお母様の遺品の着物処分に困っている話を聞き
着物をリメイクしてチュニックを製作しました。
そのチュニックを友人が喜んでくれた姿を見て 着物リメイクを
本格的に行ってゆこうと決心したのが彩雅の始まりです。

着物を着る機会が減少し 着物に触れることもない方が増えていますが
彩雅をきっかけに 様々な形で着物に触れ 生地や色柄を楽しむことをご提案できたら幸いです。

どうぞよろしくお願い致します。



湘南ばあばについて

『美と健康に敏感で ファッションに拘りながら素敵に年を重ね いつまでも自分らしくあり続けたい!』



「ばあば」と呼ばれるようになっても ばあばになりきれない

彩雅の拠点である湘南(神奈川県相模湾沿岸地方)には そんな女性が多く住んでいます。
彩雅では そんな女性達の器用な手先を活かす活躍の場のひとつとして
《湘南ばあば》 というブランドを立ち上げました。 

また湘南ばあばのサポートとして地域の縫製工場とも連携し
品質の高い商品をお届けできるように心がけています。


殆どの人が まだ本当のばあばにはなっていませんが 子育てが一段落して 次は介護をしながらも 

出産前にアパレル業界にいたり 縫製工場で働いていたり 縫製の内職などのこれまでの経験や 

服飾の学校や洋裁教室で身に着けた技術を生かして 人生の集大成 頑張ってきた証を残したい!

年は誰でもとるわけだから 年齢を気にするより どういう年の取り方をするかに拘り 

いくつになっても楽しみを忘れず 後半の人生を自分らしく謳歌し 

女性として輝き続ける湘南ばあば達を 是非応援してください。


彩雅からのお知らせ



 

営業日カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 臨時休業

店長日記

彩雅の店長です。
お店のこと 商品のこと 日々思ったことなどを
不定期で 綴っていきます。
店長日記はこちら >>

QR

ページトップへ